マーケット・金融THE MARKET

1月の消費者物価指数、食品などの物価上昇の広がりに注目=上野剛志

今週のポイント 1月の消費者物価指数(2月18日) 物価上昇の広がりに注目=上野剛志

 日本の物価上昇率がじわりと高まってきている。消費者物価上昇率(生鮮食品を除く、以下同じ)は昨年8月に前年比マイナス圏を脱し、直近である12月には同0.5%増と明確なプラスになっている。上昇の主因は原油価格上昇に伴うガソリンなどのエネルギー価格上昇(前年比16.4%増、寄与度1.12%)だが、近ごろは食料(前年比1.1%増、寄与度0.25%)などエネルギー以外の品目でも上昇が目立ってきている。

 国際的な原材料価格高騰、物流費の上昇、円安の進行などを受けて、商流の上流に当たる企業物価が急上昇した後に高止まりしており(昨年12月の前年比は8.5%増)、企業においてコスト増の一部を販売価格に転嫁する動きが広がってきているためだ。

残り306文字(全文663文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事