投資・運用

あの電通早期退職者230人のうち「9割が充実」の理由=編集部

脱サラの新形態 電通子会社、早期退職社員に業務委託 「独立」へのプラットフォーム=中園敦二

 <新働き方1>

 広告代理店最大手の電通は2020年、同社を早期退職した元社員との間で業務委託契約を結び、最長10年間、一定額の報酬を支払う個人事業主制度を作った。40代以上の社員を対象に約230人が応募、昨年1月に開始した。個人事業主となる元社員たちは、電通と直接契約せず、電通の100%子会社の「ニューホライズンコレクティブ合同会社」(NH)と契約し報酬を受け取ることになる。

 NHの共同代表である山口裕二氏と野澤友宏氏は今年1月31日に開いたメディア向けオンライン発表会で「新たな働き方としての選択肢となり、多くの企業に参加してもらいたい」と事業拡大の抱負を語った。

 NHのユニークな点は、各個人事業主は、自らの提案などの業務による新しいビジネス開拓やそれによる利益をもたらす活動によって、最長10年間はこれまでの年収の5割強の報酬をNHから支給されることだ。

 ただ、委託された業務を行っていない場合は、業務委託を解除されることもある。

 NHによれば、設立から1年間で、電通と取引がなかった小規模事業や、…

残り465文字(全文965文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事