経済・企業THE MARKET

ロシア原油の輸出途絶えれば影響大。90㌦台の乱高下続く=柴田明夫

原油 90ドル台で乱高下=柴田明夫

 米ニューヨークWTI原油価格は、2月14日に一時1バレル=94・9ドルを付けた。2019年9月以来、7年5カ月ぶりの高値水準だ。ただし、2月15日には、ウクライナ国境に集結しているロシア軍の一部が撤収との報道を受けて、92ドル前後まで反落している。しかし、ウクライナ外相はロシア軍撤収の報道に懐疑的だという。

 ロシアがウクライナに侵攻すれば、経済制裁によって、ロシア産原油の輸出が停滞し、世界的な需給逼迫(ひっぱく)の可能性がある。英BPの統計によれば、ロシアの産油量は日量約1100万バレルで、輸出量はこのうち70~80%程度。過半が欧州向けだ。

残り176文字(全文468文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事