経済・企業

INTERVIEW 宮崎成人 「インフレは必ず制御可能 債務の積み上がりに要警戒」

 利上げは米国や世界経済にどのような影響を及ぼすのか。国際金融の現場経験が豊富な宮崎成人・元財務省副財務官に聞いた。

(聞き手=桐山友一・編集部)

── 今回の米国でのインフレの特徴をどう捉えるか。

■要因は非常に複合的だ。新型コロナウイルスの感染拡大による供給面の制約の要素に加え、抑制されていた消費が一気に回復した。財政の大盤振る舞いも後押しし、むしろインフレが起きてみれば当然の帰結といえる。これほど複合的に要因が絡まり合っていると、インフレ抑制のための対策は難しく、時間もけっこうかかるのではないか。

── 今回のインフレを過去と比較すると、どの局面が参考になるか。

■供給制約という意味では、1970年代の2回のオイルショック後の状況が、似ているといえば似ている。ただ、当時との違いもかなりある。何よりも当時は景気が低迷しており、米国はスタグフレーション(インフレと景気後退の同時進行)に陥った。ニクソン、カーター両政権とも財政政策によって景気を刺激していたが、オイルショックで力尽きた。景気の基盤は今の方がずっと強い。

── 米連邦準備制度理事会(FRB)の信認は?

■それももう一つの違いだ。インフレと闘った当時のボルカー議長(在任79〜87年)の就任前は、FRBは政治に対して弱い立場だった。現在のFRBは高い信認を維持している。パウエル議長が利上げに強硬な発言をしているのは、信認が高いうちに世の中にFRBがインフレと闘うという意識を浸透させれば、さほど金利を上げなくともインフレを抑えられると考…

残り879文字(全文1529文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事