投資・運用THE MARKET

長期金利 中期に0.1%まで再低下=丹治倫敦

 10年国債利回りは一時0・2%を超えるまで上昇し、日銀が2月14日に0・25%の指し値オペを発動して金利上昇を止めようとする場面も見られた。海外金利の上昇や日銀の動きに対する思惑に加えて、長期金利の上昇が続いたこと自体が、市場参加者による損失確定の動きを喚起し、これがさらに金利を上昇させた側面もあるだろう。

 金利が過熱気味に上昇した以上、当面の日本国債金利は、不安定な局面が続く可能性がある。一方で、日本は他の先進国に比べてインフレ率が低迷しており、日銀が本格的な金融引き締めに入る可能性は低いという点は変わりがない。

残り159文字(全文420文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事