経済・企業

《最新特集》CO2を処分せよ③ 25年以降の市場活性化見据え、開発進む二酸化炭素回収装置

川崎重工・明石工場内に設置されたKCC移動層システムの試験設備 同社提供
川崎重工・明石工場内に設置されたKCC移動層システムの試験設備 同社提供

CO2処分3 「CO2回収装置」が続々建設 実績の三菱重工、独自の川重=加藤結花

 三菱重工業は排ガスからの二酸化炭素(CO2)回収で30年以上の実績があり、排ガスからのCO2回収は世界シェアの70%以上を占める。

 同社が採用しているCO2回収方法は「化学吸収法」と呼ばれ、CO2を液体中に溶解・分離し、回収する。具体的には、CO2を溶解させた吸収液を蒸気で加熱することで、CO2を分離させ純度99.9%の高純度のCO2として回収することができる。

 日本、米国、マレーシア、インド、パキスタン、ベトナム、アラブ首長国連邦、バーレーンなど世界各国の石炭だき火力発電所や化学プラント向けに13プラントを納入。中でも石炭火力発電からのCO2回収においては、2016年12月末に運転開始した米国テキサス州のプラントが世界最大だ。また、英国の大手電力ドラックス社のバイオマス発電所(英国ノースヨークシャー州)から年間約800万トン以上のCO2回収を目指したプロジェクトが進行中で、プラントは27年の稼働開始を目指している。完成すれば世界最大のCO2回収量になる。

 三菱重は川崎汽船と連携した世界初となる実際の航海上でのCO2回収実証や、横浜市のごみ焼却設備からのCO2回収の実証実験など、多様な排出源からのCO2回収に取り組んでいる。

「政府の制度、支援が先行する英国、欧州連合、米国、カナダが重要なグローバルでの市場と考えており、CO2回収プラントに関わる商用実績を強みに引き続き参入に注力する」(三菱重CCUSビジネスタスクフォースリーダーの洲崎誠氏)としている。

独自システム試運転へ

 川崎重工業は固体吸収材を用いたCO2分離回収システム(KCC)を開発している。具体的には、CO2を化学的に吸収する特徴を持つアミンをコーティングした粒状の吸収材(大きさ数ミリ程度)を使用。固体吸収材にCO2を捕捉させて分離・…

残り733文字(全文1533文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事