マーケット・金融深層真相

M&A最大手で不適切会計 背景にノルマと甘い指導監督

 M&A(合併・買収)仲介業界に激震が走っている。2月に最大手の日本M&Aセンターホールディングス(HD)で不適正会計が発覚。過酷な競争やノルマから同様の不正は業界内で横行しているのではないかとの見方もあり、「かつての消費者金融のように規制強化が進み、市場の成長に陰りが出る」(関係者)との声も出ている。

 日本M&AセンターHDは2月14日、外部弁護士らによる調査報告書を発表。それによると、実際には仲介が成立していない契約について、契約書を偽造するなどして売り上げを計上しており、2016年4月から21年9月までの間に、83件の不正が発覚した。

残り192文字(全文465文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事