マーケット・金融深層真相

M&A最大手で不適切会計 背景にノルマと甘い指導監督

 M&A(合併・買収)仲介業界に激震が走っている。2月に最大手の日本M&Aセンターホールディングス(HD)で不適正会計が発覚。過酷な競争やノルマから同様の不正は業界内で横行しているのではないかとの見方もあり、「かつての消費者金融のように規制強化が進み、市場の成長に陰りが出る」(関係者)との声も出ている。

 日本M&AセンターHDは2月14日、外部弁護士らによる調査報告書を発表。それによると、実際には仲介が成立していない契約について、契約書を偽造するなどして売り上げを計上しており、2016年4月から21年9月までの間に、83件の不正が発覚した。

残り192文字(全文465文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事