投資・運用THE MARKET

日本株の荒れ相場では大型優良株が狙い目=藤戸則弘

東京市場 ストラテジストが読む 荒れ相場では大型優良株が狙い目=藤戸則弘

 日経平均株価は3月9日に2万4681円まで下落した後、3月25日には2万8338円まで急反発する展開となった。ロシアによるウクライナ侵攻で極端な悲観論に傾斜し、株式を狼狽(ろうばい)気味に売却する動きが強まった。しかし、ロシア、ウクライナ両国の停戦協議もあり、戦争終結への期待から買い戻す動きが顕在化しているようだ。

 しかし、世界的に広がる物価高と、それに伴う米連邦準備制度理事会(FRB)などの金融引き締めスタンスの強化、景気減速懸念といった本質的な不確定要因は残されたままだ。今後も、材料次第では株価の変動率が急上昇する局面もあると想定すべきだ。

残り610文字(全文922文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事