マーケット・金融THE MARKET

歴史的な水準まで下落した日本円=佐々木融

ドル・円 歴史的な円安水準=佐々木融

 3月に入って急速に円安が進んだ。米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げと絡めてドル・円相場の上昇(ドル高・円安)が注目されがちだが、今月に入ってからの米ドルは強くはなく、今回の動きは純粋な円安だ。3月入り後の主要通貨騰落率をみると、円が独歩安で、豪ドル、ニュージーランド・ドルなどが最も強く、対円で9%前後上昇している。

 円はすでに実質的に歴史的な円安水準まで下落していた。これは日本企業が海外に生産拠点を移したことで、円安になっても貿易収支が黒字になりにくくなっているという構造的な要因が背景にある。そこに原油価格などの急騰が重なった。加えて、貿易赤字拡大を背景とした、日本の輸入企業による円売り加速も一因だろう。

残り143文字(全文470文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事