投資・運用THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 注目は22年度予想、輸出に円安効果も=三井郁男

 株式市場はロシアのウクライナ侵攻により3月上旬に不透明感が高まったが、米連邦準備制度理事会(FRB)によるコロナ禍後で初の利上げを無難に通過。日本株も大きく反発した。4月下旬まで株価に影響を与えるイベントは少なく、一進一退の動きが続きそうだ。

 今後の注目は4月下旬から始まる2022年度業績見通しと、5月初めに開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)での連続利上げと、QT(FRBのバランスシート縮小)の進め方が明らかになった後の株価の反応だ。

 22年度業績は、対ロシアの経済制裁やインフレ加速などから世界経済の成長率は国際通貨基金(IMF)などで下方修正が相次ぐと見られる。

残り579文字(全文867文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事