投資・運用THE MARKET

NY市場 米企業の収益性に注目=橋本真拓

 米国の3月雇用統計は、労働市場の逼迫(ひっぱく)、高い賃金上昇圧力の継続を示している。また3月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨では、大幅な利上げや積極的なバランスシートの縮小が示唆された。インフレ懸念は高まっており、金融政策のタカ派色が強まるだろう。向こう数カ月の株式市場は不透明感が高まっている。

 一方、供給網の混乱などの逆風にもかかわらず、過去数四半期の米企業業績は好調だった。昨年夏以降のインフレ環境下でも、企業は輸送費などの高騰によるコスト増を値上げで消費者に転嫁してきた。足元、港湾の混雑など物流は改善を見せており、一部企業は徐々に輸送コストの上昇が落ち着くと予想している。

残り188文字(全文487文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事