経済・企業

《スタートアップの時代》区外でもOK、渋谷区の本気度=小林剛

    ベンチャーの聖地・渋谷
    ベンチャーの聖地・渋谷

    自治体の支援1 区外もOK、渋谷区の本気度=小林剛

     大阪市淀川区に本社を置く子育て支援サービス、BABY JOB(上野公嗣社長)による「手ぶら登園」が今年から東京・渋谷区の全18カ所の区立保育園で導入された。これぞ渋谷区のスタートアップ支援事業のたまものなのだ。

    「手ぶら登園」とは、同社が手がける紙おむつサブスクリプション(定額制サービス)のサービス名で、月額2280円(税別)を支払うと、保育園にある紙おむつ、おしりふきが使い放題。保育園に通園する子を持つ親にとって、紙おむつに1枚ずつ子の名前を書き、毎日何枚も持参する手間も荷物も省ける便利なサービスだ。

     渋谷区は、スタートアップに事業の実証実験の場を提供する「イノベーション・フォー・ニューノーマル・フロム渋谷」を展開中で、それを知ったBABY JOBが応募、手ぶら登園を試験実施した。参加した保護者たちへのアンケートで9割が「満足」と答えたため、導入が決まった。

     実験の場の提供は、渋谷区のスタートアップ支援の柱の一つで、事業の「独自性」「優位性」「実証実験により期待できる成果」などを基準に審査するが、区外のスタートアップでも参加できる。海外もOKだ。これまでに35社が選ばれ、遠隔操作ロボットによる子育て支援、オンライン授業を受ける人の表情などのAI(人工知能)解析、介護士不足解消のためのマッチングなど、それぞれ調布市、世田谷区、荒川区と区外の事業者に実験の場を提供してきた。

     20年6月のスタート以来、213件の応募があった。「宣伝しているわけではないが、毎月10~15件の応募がある」(渋谷区グローバル拠点都市推進室)。

     スタートアップ支援のもう一つの柱は、起業のサポートだ。起業する際の高いハードルのオフィスなどの賃貸や銀行口座開設がスムーズに運ぶよう手助けしている。渋谷区の審査を通過すれば、最短1週間でみずほ銀行に口座開設でき…

    残り557文字(全文1357文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事