投資・運用THE MARKET

穀物 下値切り上げる=柴田明夫

 米シカゴ穀物価格は、ウクライナ侵攻後に付けた高値からは反落したものの、4月11日時点では高止まっている。ウクライナは例年4~5月に冬小麦の収穫、5~6月にトウモロコシや春小麦の作付けが始まる。しかし、戦争長期化で農業従事者の人手不足、トラクターなどの燃料不足、貯蔵庫の破壊などで、収穫や作付け作業は困難な状況だ。

 米農務省が3月31日に発表した農家の作付け意向調査報告によれば、今年の大豆の作付けは前年比4%増の9100万エーカー(1エーカー=0・4ヘクタール)で過去最高だ。小麦は価格が過去最高を更新したにもかかわらず、作付けは4740万エーカーで1%増にとどまり、1919年以来、過去5番目に少ない面積だ。トウモロコシは8950万エーカーで4%減。ただし、いずれも単位面積当たりの収穫量が大きく増加するので、…

残り84文字(全文441文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事