投資・運用THE MARKET

4月27~28日の日銀金融政策決定会合、物価見通しと円安の評価に注目=上野剛志

今週のポイント 日銀金融政策決定会合(4月27~28日) 物価見通しと円安の評価に注目=上野剛志

 日銀金融政策決定会合の結果が4月28日に公表される。前回3月の会合後の総裁会見において黒田東彦総裁は、今後見込まれる物価上昇が輸入価格上昇を主因とすることを指摘したうえで、「当然金融を引き締める必要もないし、適切でもない」と金融引き締めを否定し、「現在の強力な金融緩和を粘り強く続けていく」と緩和継続方針を示した。以降もこの姿勢を維持しているため、今回も金融政策の変更は見込まれない。

 さらに黒田総裁は、足元の物価上昇の一因になっている円安について、「日本経済にプラスに作用している」と容認する姿勢を示してきたが、そうした日銀の姿勢が円安に拍車をかけ、コストプッシュ型の「悪い物価上昇圧力」になっているとの指摘も多い。最近では、総裁が金融緩和の継続方針を改めて表明すると円安が進む場面もみられるだけに、日銀の緩和継続姿勢や円安容認スタンスに変化の兆しが出てくるかが注目される。

残り279文字(全文716文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事