【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史

《ウクライナ戦争で知る歴史・経済・文学》ウクライナってどんな国? 日本人が知らなかった深い地理歴史=編集部

17世紀のウクライナ・コサックの指導者フメリニツキー
17世紀のウクライナ・コサックの指導者フメリニツキー

超入門1 ウクライナの地理歴史=編集部

拡大はこちら

拡大はこちら

 ウクライナは欧州で2位の面積と7位の人口を持つ(表1、2)。有数の穀倉地帯でもあり、「ヨーロッパのパンかご」と呼ばれる。小麦をエジプトなど中東、インドネシアなどアジア、モロッコなどアフリカ諸国へ、トウモロコシを欧州連合(EU)諸国や中国などへ輸出する。製造業は粗鋼や合金鉄で国際競争力がある。また、ソ連時代にロケットや人工衛星を製造した国営企業の流れを組むウクライナ国立宇宙機関(SSAU)を中心に航空・宇宙産業も根付く。IT産業の集積地も首都キーウや、ハリコフ、リビウといった都市…

残り410文字(全文683文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月20日号

日本経済総予測2023第1部16 GDP成長率はG7中トップ 「眠れる美女」の覚醒に期待 ■谷道 健太/和田 肇19 インタビュー 竹増貞信 ローソン社長 「売上高はコロナ前を回復 冷凍食品や総菜の比率が上昇」20 個人消費 サービス中心に回復続く ■永浜 利広21 古くて新しい消費 家計防衛でコメ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事