投資・運用THE MARKET

《中国株》景気失速懸念拭えず、上海総合株価指数は年初来で20.7%急落=斎藤尚登

 景気失速懸念から4月25日の上海総合株価指数は前日比5・1%の急落を演じた。翌26日は2886ポイントで引け、年初来では20・7%の下落となった。上海市の都市封鎖は1カ月以上続き、厳格なゼロコロナ政策が全国で実施された。首都北京でも市民に対する複数回のPCR検査の実施やさまざまな行動制限など防疫体制が強化されたことなどが響いた。

 今後の株価動向のカギを握るのは、一にも二にも新型コロナウイルス感染症の拡大抑制である。この点で感染爆発に見舞われた上海市の一日の新規感染者数が大きく減少していることは朗報だ。

残り181文字(全文435文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事