【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

投資・運用THE MARKET

《東京市場》日本株が資金シフト先になりそうな理由=三井郁男

割安な日本株、米一極集中の受け皿=三井郁男

 昨年までリスクマネーが流入し株価を大きく押し上げた米国株式市場は、高インフレに対し米連邦準備制度理事会(FRB)がタカ派的な金融引き締め政策に転換し、米国株式市場は大幅下落が続いている。

 日本株も米国株式市場の動きに左右され軟調な展開が続きそうだ。ただ、相対的に割安で株価上昇が小さかった日本株は資金シフトの対象になる可能性がある。米国一極集中だった資金の向かい先の候補として注目を集めそうだ。

 5月3~4日に米連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利のフェデラルファンド・レート(FF金利)誘導目標を0・5%引き上げて、6月から量的引き締め(QT)の開始も正式に発表。9兆ドルに膨らんだFRBのバランスシートを2兆ドル以上縮小すれば株式などリスク資産には逆風になる。

残り503文字(全文860文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事