投資・運用THE MARKET

《東京市場》下落基調の米国株に比べて日本株が優位な理由=秋野充成

東京市場 為替など日本株に業績上振れ要因=秋野充成

 米国株式市場は下落傾向が続いているが、債券はしっかりだ。米国債10年物利回りは5月6日の3.16%がピークで、現状は3%台を下回っている。これは、市場の懸念がインフレ(金利上昇)からリセッション(景気・企業業績の減速)に移りつつあるからだ。

 金利上昇によりハイテク株中心のナスダック指数は昨年11月の高値から5月12日までに約30%下落したが、現在はニューヨーク・ダウ主導の下落にシフトしている。

 市場センチメントの悪化が続く状況にありながら米国株との比較では日本株が優位だ。短期的な要因としては業績悪化の織り込み度の違いが挙げられる。小売り大手のウォルマートとターゲットの減益決算に動揺したように、米市場は米企業の業績悪化を完全に織り込んでいない。

残り528文字(全文879文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事