経済・企業

《EV・日本の大逆襲》BMW・MINI パイオニアとしてEV戦略加速

 独BMWグループのEVは2014年に初上陸、今ではEV8車種、PHV8車種を販売中だ。MINIは2030年代初頭のフルEV化方針に基づき、3年後にもエンジン車の販売を終える。

 日本では、ラグジュアリーのSUVのEV「iX」、X3をEV化した「iX3」、デザイン・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した4シリーズのデザインを使った「i4」を販売している。グループの目標は2030年までに世界でEV販売比率50%以上。日本でもこの長期目標の実現に向けて、EV戦略・販売を加速させる。

 同社によると、東京、大阪などで今春に開いたBMWのEVの展示・試乗会には、女性やシニア層、ヤングファミリー層なども来場。「BMWのEVに寄せられる期待は大きく、関心のある層も増えている」(同社)と分析している。また、既存の顧客からもEVへの乗り換えの問い合わせも増えており、潜在的需要は大きいとみる。

残り208文字(全文596文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事