経済・企業

《EV・日本の大逆襲》テスラ:SUV「モデルY」を年内発売へ

テスラ モデルYを年内投入へ

 2014年に1000万円超の高級車種で日本上陸を果たしたテスラ。昨年、500万円台の主力車種を400万円台に下げたことで販売台数を増やし、今年はSUVタイプの新車種投入が期待されている。

 2021年は2月に主力車種モデル3の最低価格を511万円から429万円に引き下げたことで人気に火が付き、21年の日本でのテスラ車の販売台数は5200台強と前年比2.8倍に増えた。ただ、その後は、部材費高騰を受けた相次ぐ値上げに加え、中国ゼロコロナ対策で、日本への輸入拠点である上海工場の操業がストップしたこともあり、勢いは一服している。…

残り417文字(全文694文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事