投資・運用THE MARKET

《長期金利》日本国債の超長期は若干下げる展開=徳勝礼子

長期金利 夏場は低下の可能性=徳勝礼子

 米長期金利(10年国債利回り)は、5月初めの0.5%利上げ後に到達した3%近辺がピークになったと見てよいだろう。

 一方で、欧州の金利については、欧州中央銀行(ECB)の金融引き締め姿勢が明確になる過程で上昇が続いている。このように現在は利上げのピークが見え始めた国とこれから利上げが始まる国が混在する状況になっている。

 中国のロックダウン(都市封鎖)は、解除に伴う経済急回復のイメージが先行しやすいものの、実際の経済活動の回復には時間がかかり、金利への影響は複雑なものになるだろう。

残り193文字(全文454文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事