【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融THE MARKET

《東京市場》内需、外需ともに物色対象=三井郁男

東京市場 「予想外」に底堅い展開も=三井郁男

「ゼロコロナ政策」で経済が停滞していた中国は、上海のロックダウン解除に続き北京も行動規制を緩和され経済は正常化に向かう。中国当局の今年の成長率目標の5.5%に対し、5月まで経済は大幅に下振れており、3%程度に落ち込むことが予想されている。秋の共産党大会に向け景気回復に軸足を移す政策にかじを切るだろう。中国経済が動き出せばインフレを押し上げる可能性はあるものの、自動車や鉄鋼、化学など景気に敏感な業種の多い日本株には追い風だ。

 国内は新型コロナウイルス感染者数の減少などから、人々の行動は徐々に開放的になっている。人流回復も見込まれ、サービス業中心に内需産業の業況は改善する。観光支援策「GoToトラベル」の再開も近づき、国内旅行やレジャーは夏場に向け大いに盛り上がる可能性がある。

残り513文字(全文876文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事