投資・運用THE MARKET

《ドル・円》その内おいてけぼりになる日本=佐々木融

ドル・円 海外との差異が生む円安=佐々木融

 最近、米ニューヨークと豪州に出張したが、日本との違いを目の当たりにすると、円は想像を超えるくらい価値のない通貨になってしまうのではないかと懸念せざるを得ない。新型コロナウイルスとの共存を受け入れ始めている他国とは対象的に、日本はいまだに感染を恐れて海外との交流に消極的だ。

 日本はエネルギーや食糧の多くを輸入に頼っており、すでに貿易赤字国だ。海外からの資金流入が必要なのにもかかわらず、訪日客に対しては、観光目的の場合、添乗員付きツアーによる入国しか認めていない。海外投資家からは北朝鮮のようだとの指摘もあった。

残り171文字(全文449文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事