投資・運用THE MARKET

《長期金利》参院選後も「揺るぎない金融緩和」=小玉祐一

長期金利 当面は一進一退の状況=小玉祐一

 米国における景気減速の観測と、インフレ継続の観測のせめぎ合いは容易に決着が付かない可能性が高い。このため、米国の長期金利は当面、経済指標次第で振れやすい状態が続くとみられる。日本の長期金利(10年国債利回り)も、米金利に追随する形で一進一退の状況が続くだろう。

 日銀の黒田東彦総裁は6月6日の講演で、「揺るぎない姿勢で金融緩和を継続」と強調している。足元の環境は黒田総裁にとって、家計のインフレ期待定着に向けた最後のチャンスであり、7月に予想される欧州中央銀行(ECB)の利上げ実施や、参院選の終了後も、金融政策は現状維持が続くと見られる。

残り162文字(全文453文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事