投資・運用THE MARKET

《東京市場》内需も相場も投資も好転材料がそろってきた=三宅一弘

東京市場 インバウンド再開、円安が追い風=三宅一弘

 主要国の投資環境を眺めると、米国は5月の消費者物価の加速を契機に物価鈍化観測が後退し、大幅な利上げ継続が現実味を増した。欧州は対露経済制裁などから厳しい物価高騰が見込まれる半面、金融引き締めが大幅に遅れ、経済混乱のリスクをはらむ。中国は金融緩和と財政出動で最悪期を脱したようだが、「ゼロコロナ」政策の堅持で本格的な景気回復が難しい。主要国とも問題含みだ。

 一方、日本はコロナ禍以降、景気回復が遅れていたが、今後、再評価余地が拡大方向だ。第一は新型コロナ感染が鎮静化し、経済再開に大きくかじが切られた点だ。世界がポストコロナに向かう中で、海外旅行先の最有力候補に日本が挙がっている。昨今の円安は日本のサービス・物品のバーゲンセール化を招き、日本志向を強めそうだ。6月10日から訪日外国人旅行客(インバウンド)の受け入れが再開、低迷していた内需景気の好転期待…

残り485文字(全文888文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事