投資・運用THE MARKET

《NY市場》インフレに留意しつつ再上昇は見逃さず=村山誠

NY市場 投資機会を見極める=村山誠

 6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果は、直前に発表された予想以上のインフレ指標や一部の観測報道などから、0.75%ポイントの利上げは既に織り込まれていたとみられる。しかし、米連邦準備制度理事会(FRB)による今後の急速な金融引き締めが、景気後退を招くことへの警戒感が、株式市場では強まった模様だ。

 ただし、パウエルFRB議長はFOMC後の会見で、「利上げのペースは今後のデータ次第」と語っている。今後のインフレ動向によっては金融政策の経路が大きく変わる可能性には、引き続き注意が必要だ。

残り217文字(全文483文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事