投資・運用THE MARKET

《長期金利》参院選でも物価高が争点に=海老原慎司

長期金利 構造的に上昇圧力=海老原慎司

 7月の参院選を前に、野党は黒田東彦日銀総裁の「値上げ許容」発言に対して批判を強め、金融政策の転換を含めた物価高への対応を争点にする構えを示している。折しも、原油先物価格の上昇や円安基調が再度強まっており、消費者物価上昇率には上振れリスクが高まっている。

 物価高に関する論戦が与野党間でさらに熱を帯びることになれば、物価高…

残り272文字(全文452文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事