経済・企業

追悼 葛西敬之JR東海名誉会長

国鉄改革に奔走

リニアを推進した「国士」=清藤登喜和

 JR東海の「天皇」と称された名誉会長、葛西敬之氏が5月25日、間質性肺炎で死去した。81歳。1987年の国鉄分割・民営化で、JR東日本の松田昌士氏、JR西日本の井手正敬氏との活躍ぶりが名高い。

 しかし、葛西氏は「国鉄改革3人組」とされることを嫌った。国鉄時代は労働組合を相手に、三塚博運輸相(当時)らの運輸族に強力に食い込んだ。中曽根康弘首相(同)による「戦後政治の総決算」の中核を担った。「国鉄で汗をかいたのは私」との自負心を持って、JR東海をけん引した。

幻のJR西との合併

 こんな逸話が残っている。あるJR関係者によると、葛西氏がJR東海とJR西の合併を狙っていた――という。狙いは、JR東を超える、だ。

 JR西はローカル路線という弱点を持っていたが、その管内には有力政治家が多い。橋本龍太郎氏、加藤六月氏、安倍晋太郎氏、森喜朗氏……。永田町への影響力を考えた場合、メリットは大きかった。財務は東海道新幹線が支えればいい。両社のそれぞれの最大労組は同一の産業別組合(JR連合)に所属しており、労務的な問題もクリアできると踏んだ。

 この構想は日の目をみることはなかった。日本国有鉄道改革法(86年施行)は国鉄の業務について、グループの旅客6社と貨物1社に引き継がせると定めていた。乗り越えるべきハードルは高すぎた。JR西の井手氏も難色を示したとみられる。

 運命の出会いは2000年に訪れた。葛西氏は政財界の勉強会を立ち上げるため、東京大学時代の旧友・与謝野馨・元経済財政担当相に相談。与謝野氏が「若手の有望株」と紹介したのが、当時、官房副長官だった安倍晋三元首相だった。

 葛西氏が幹事役となり、「四季の会」(後のさくら会)が発足。東京電力の勝俣恒…

残り592文字(全文1342文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事