マーケット・金融THE MARKET

《長期金利》ECBも利上げ路線、10年超に利下げ見込みなし=徳勝礼子

長期金利 超長期に上昇圧力=徳勝礼子

 世界主要国の金融政策は引き締めに動きつつあり、その中で金融緩和の維持を崩さない日銀の姿勢が、世界の中でも際立っている。日銀は10年国債を無制限に買い入れることで、形式的には0.25%の上限をかろうじて維持しているが、他の年限の国債には極めて強い金利上昇圧力がかかっており、今後もその傾向が続く可能性が高い。

 過去の激しい金利上昇局面においては、円金利は欧州金利の影響を強く受けることが多かった。例えば、2015年に2度にわたって円金利が大きく上昇した際の2度目は、前年に欧州中央銀行(ECB)がマイナス金利政策を導入した反動で欧州金利が急騰したタイミングと重なっている。

残り156文字(全文460文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事