投資・運用THE MARKET

《穀物》調整続くも在庫は低水準変わらず=柴田明夫

 米シカゴ穀物市場は、6月以降、調整色を強めている。小麦は7月に1ブッシェル=9ドルを割り込み、ウクライナ侵攻前の水準まで下げた。大豆、トウモロコシも3~4月の高値から小幅に値を下げた。米中西部の干ばつ懸念が解消し、カンザス州などで冬小麦の収穫が進んだのに加え、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを加速させていることが、投機筋の売りを誘っている。

 米農務省が7月12日に発表した需給報告では、2022/23年度(22年8月~23年7月)のウクライナの小麦生産量は1950万トンで、前月から下方修正されたが、輸出量は前年度(1900万トン)から半減を予測。トウモロコシ輸出も前年度(2300万トン)比61%減の予測で変わらない。一方で欧州(スペイン、イタリア、ドイツ)、南米では乾燥リスクが払拭(ふっしょく)できない。同省は22/23年度の世界小麦…

残り77文字(全文452文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事