投資・運用THE MARKET

《今週のポイント》米・消費者物価指数(8月10日)=窪谷浩

総合指数は前年同月比で低下へ=窪谷浩

 8月10日に米国で7月の消費者物価指数(CPI)が公表される。6月の総合指数はインフレに歯止めが掛かっていない状況を示したが、当月はピークアウトを確認できるか注目される。

 6月を振り返ると、総合指数は前年同月比9.1%と1981年11月以来およそ40年半ぶりの水準となった。一方、物価の基調を示すエネルギーと食料品を除いたコア指数は同5.9%と、こちらは3月の同6.5%をピークに3カ月連続の低下となった。

 CPIの内訳をみると、ウクライナ侵攻に伴うエネルギー、食料品価格の上昇などを受けて、エネルギー価格が同41.6%と80年4月以来、食料品価格が同10.4%と81年2月以来の水準となって総合指数を押し上げた。また、コア指数部分では半導体不足に伴う減産の影響で新車価格が同11.4%と2ケタの伸びを維持したほか、住宅価格の上昇を背景にCPIのおよそ3割を占める住居費が同5.6%と91年2月以来の水準と…

残り215文字(全文637文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事