【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史

「プーチンはラスコーリニコフ」説の背景にロシア正教分離派が潜む=桑子かつ代

ドストエフスキー博物館に展示されている手塚治虫の「罪と罰」と解説(ロシア・サンクトペテルブルク)
ドストエフスキー博物館に展示されている手塚治虫の「罪と罰」と解説(ロシア・サンクトペテルブルク)

 ロシアの文豪ドストエフスキーの「罪と罰」は世界各国で翻訳され、日本でも幅広く読まれている。大正時代から著名なロシア文学者の翻訳が続くほか、過去には手塚治虫や大島弓子氏などの漫画、テレビドラマにもなり、人気が絶えない。

 「罪と罰」は、貧しい元大学生ロジオン・ロマーヌイチ・ラスコーリニコフが悪名高い金貸しの老婆とその娘を惨殺し、社会全体の利益のために自分の殺人を正当化する妄想に苦しみ、家計を助けるために身を売る少女と出会い、最終的には自分の罪を告白してシベリア流刑となるという内容だ。

残り1063文字(全文1306文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事