【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

経済・企業

しっかり点検 世界に名を知られる6銘柄=佐藤一樹

 米国株の中でも誰もが知る成長銘柄六つ。それらの足元の業績や今後の見通しをまとめた(企業名の後のカッコ内はティッカーコード)。

テスラ

EV販売は過去最高へ

 世界的にEV(電気自動車)シフトが急加速する中、EV市場での先行優位性を生かした世界展開は、今後も成長をけん引する。2022年3月に独ベルリン、4月に米テキサス州オースティン市の新工場が本格的に稼働を始めたことで、同社の生産能力は一段と向上し、米国・中国・欧州という世界の主要EV市場での現地生産体制がより強固になった。

 これによって製品・部品などに対する関税や輸送コストの大幅削減が見込めることから、収益性向上にもつながる。また、中国でも生産体制を強化。上海工場の年間生産能力を75万台以上に高める方針。上海市は港湾設備が整っていることに加え、鉄道輸送も欧州・東南アジアまで伸びていることから、アジア・オセアニア地域や欧州地域への輸出も増加する。

残り2261文字(全文2662文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事