マーケット・金融THE MARKET

《今週のポイント》7月の家計調査(9月6日)=山下大輔

個人消費の回復続くか

 個人消費の回復基調は継続するだろうか。2020年以降、繰り返される新型コロナウイルス感染拡大と緊急事態宣言などの経済活動の制限を受け、個人消費は大きな変動を余儀なくされた。コロナ「第6波」によるまん延防止等重点措置が終了した3月下旬以降、個人消費は外食や旅行などの対面型サービスを中心に回復に転じていた。8月5日公表の6月の家計調査によると、実質消費支出(2人以上世帯、除く住宅等、季節調整値)は、前月比1.5%増であった。

 ところが、7月に入り、感染が再拡大し始め、新規感染者数は過去最多を記録した。そのため、景況感は7月に大きく落ち込んだ。8月8日公表の7月の景気ウオッチャー調査によれば、全体の現状判断DIは43.8(前月差9.1ポイント低下)で、家計動向関連業種に絞ると42.6(前月差10.8ポイント低下)となり、飲食、サービスが特に大きく落ち込んだ。調査回答者からは会食や旅行などの予約キャンセルの言及が多々みら…

残り287文字(全文710文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事