経済・企業深層真相

ねぶた支援も電源開発も 東芝後継は日本風力開発

 東北3大祭の一つ、青森ねぶた祭が8月2~7日、新型コロナウイルス禍の影響から復活し、3年ぶりに開催された。地元が気をもんでいたのは、70年以上の歴史を持つ運行団体「に組」のメインスポンサーである東芝が今年に入って撤退を決めたこと。しかし直前になり、風力発電事業を手掛ける日本風力開発グループが名乗りを挙げ、に組のねぶたは無事運行された。

 原子力発電を事業の中核に据えてきた東芝は40年以上にわたり「に組」を支えてきた。一方の日本風力開発は1999年の設立で、青森県六ケ所村で風力発電事業の開発を手掛け、現在までに76基、13万キロワット以上の風力を開発、運営してきた実績を持つ。

残り187文字(全文477文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事