【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治

日中国交正常化半世紀 交渉の目撃者 森田一元運輸相に聞く

 日中国交正常化から半世紀を迎えるが、祝賀感にはほど遠い。外相として中国との交渉を仕切った大平元首相は、両国関係は難路が続くとみていた。現場に立ち会った大平氏の娘婿・森田氏が証言する。

(聞き手=浜田健太郎・編集部)

岳父・大平正芳が予言した日中“茨の道”

── 森田さんは1972年9月の日中国交正常化交渉で訪中した田中角栄首相、大平正芳外相に随行しました。9月29日に共同声明が出て、中国から2頭のパンダが東京・上野動物園に贈られるなど、日中友好が盛んに喧伝(けんでん)されていました。

森田 帰りの機中で大平はこう言った。「いまは(日中友好を歓迎する)熱狂的なムードだけど、25年か30年たったら雰囲気が変わるよ」と。当時の中国は、「日本は先生だ」とおだてていた。だけど、中国が成長するにつれて、日本から学ぼうという意識が薄れていくのに対して、日本にもプライドがある。だから難しい関係になるだろうと、大平は予感していた。

── 72年7月7日に田中内閣が発足して9月25日に、田中首相、大平外相が正常化交渉に向けて北京に向かいました。交渉は急ピッチで進んだのでしょうか。

森田 田中内閣の発足後間もなく、7月に中国の周恩来首相から田中首相に連絡があって、「9月に訪中されたし」とのことだった。田中首相は大平に、「交渉に失敗したら辞任しないといけない。7月に総理に就任して9月に辞めるのはつらい」と漏らしていた。大平は、「そうならないように自分がまとめる」と言って背中を押した。それでも角さんは逡巡(しゅんじゅん)して招待状が届いてから決断するまでに数日かかったそうだ。

── 当時は、外務省中国課長の橋本恕さん(後の駐中国大使)、同省条約課長だった栗山尚一さん(後の駐米大使)などごく少数で準備を進めたのですね。

森田 栗山さんによると、外務省はリハーサルなし、ぶっつけ本番で交渉に臨んだ。普通は課長級が先遣隊で行くでしょう。でもあの交渉ではそれがなかった。(事務的な準備は)橋本さんが一人でやった。外相に再任された大平が、毎朝午前10時ごろに外務省に到着すると、橋本さんは一人で大平と話し合い、夜は新橋の料亭「栄屋」に繰り出していた。橋本さんは田中政権ができる前から角栄さんにも接触していて、日中問題をレクチャーしていた。7月から9月まで大平は中国に集中していた。

大平外相の機転

── 北京では、大平外相の交渉相手は姫鵬飛外相でした。どのように進められたのでしょうか。

森田 中国の外相は姫鵬飛だけど、隣の部屋に周恩来がいて、しょっちゅう席を外して、戻ってきてまた交渉してと。そんな様子で、細かいところまで姫鵬飛が周恩来に相談するから、交渉が進まなかった。9月27日、万里の長城を見学する日程が組まれていて、大平が機転を利かせて姫鵬飛に、「あなたの車に乗せてくれ」と迫った。外交交渉で相手の車に乗るのは異例だけど、長城への往復6時間に姫鵬飛と“差し”で話し合った。あれが転機になった。

── それは台湾問題についてですか。

森田 そうした大きな課題ではなく、細かい点について。大平と姫鵬飛が漢詩を交換するなど二人の…

残り1307文字(全文2607文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事