【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

投資・運用THE MARKET

《今週のポイント》米国小売売上高(9月15日) 窪谷浩

インフレと金融政策の影響見極め

 9月15日に米国で8月の小売売上高が発表される。インフレに伴う実質購買力の低下や政策金利の引き上げに伴う個人消費の影響が注目される。

 7月の結果を振り返ると、飲食店を含めた小売売上高は前月比横ばいと前月の同0.8%増から大幅に低下、市場予想の同0.1%増も下回った。

 中身をみると、ガソリン価格の下落でガソリンスタンドの売上高が同1.8%減となったほか、半導体不足の影響もあって自動車・自動車部品が同1.6%減となり全体を押し下げた。

 一方、アマゾンが毎年開催する安売りイベント「プライムデー」セールの効果もあり、オンラインを含む無店舗販売が同2.7%増と大幅な伸びとなった。さらに、国内総生産(GDP)の個人消費と連動性の高い自動車やガソリンスタンドなどを除いたコアは同0.8%増と前月の同0.7%増に続き堅調な伸びを維持した。

残り312文字(全文693文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事