【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

投資・運用THE MARKET

《中国株》党大会終了まで強化される「ゼロコロナ」が株価下振れ要因に 斎藤尚登

 米国では大幅利上げによる景気後退が懸念され、株価が下落。上海総合株価指数も小幅調整を余儀なくされた。市場はオフショア(中国本土以外の市場)の人民元レートが節目の1ドル=7元超えで下落したことを嫌気した。資金流出懸念が背景にあるが、人民元の実効為替レートは堅調。要はドルが強すぎるだけで、「中国売り」が生じているわけではない。

 10月16日には、今後5年間の国家の基本方針を決定する最重要会議である共産党大会が開幕する。過去2回の党大会開催前1カ月間の株価は1%弱の上昇にとどまっており、ご祝儀相場的なものは期待しにくいだろう。

残り155文字(全文419文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事