投資・運用THE MARKET

《NY市場》インフレ退治で景気後退した過去の再来を警戒 村山誠

 かつて米国でインフレが深刻な問題となっていた時期に米連邦準備制度理事会(FRB)議長を務めたボルカー氏は、1979年8月の議長就任後、ただちに金融引き締めに着手した。一時は前年比15%増を超えていたインフレ率は徐々に低下、インフレ沈静化には成功したものの景気は後退し、米国の失業率は一時期10%を超えた。パウエル現FRB議長はインフレ抑制を優先する姿勢を示しているこ…

残り277文字(全文461文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事