投資・運用THE MARKET

《穀物》収穫期特有の下落圧力も 村井美恵

 ウクライナ産輸出の不透明感を背景に、小麦とトウモロコシ価格が上昇した。トウモロコシは米国産や欧州産の作柄悪化観測も買い材料となった。大豆は9月にかけて利益確定売りに押される場面もあったが、2022/23年度(22年9月~23年8月)の米国生産量が前月発表比で減少し、期末在庫量も市場予想を下回ったため反発した。しかし、9月下旬にいずれも下落している。世界…

残り268文字(全文446文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事