マーケット・金融THE MARKET

《ドル・円》訪日客が過度な円安を抑える 佐々木融

 10月11日から水際対策が緩和され、訪日観光客のビザなし渡航や個人旅行が再開した。2019年には3200万人が訪日し、約5兆円を消費したことが、当時かなり進行していた円安の流れを一時的に押しとどめた。

 しかし、新型コロナウイルス感染拡大で訪日客をほぼ完全に止めてしまったので、円相場は支えを失い、貿易赤字の急拡大と相まって円安基調が続く結果となっている。

 超金融緩和・鎖国政策を取りながら円安を「投機的な動き」と称して円買い介入を行うよりも、円安メリットを生かして訪日客を呼び込んだほうが、過度な円安の発生を抑えられるし、日本経済の活性化につながる。

残り192文字(全文468文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事