【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

テクノロジー闘論席

AI将棋にAIカーリング、次はAIサッカー? 池谷裕二

撮影 小松雄介
撮影 小松雄介

池谷裕二の闘論席

 将棋や囲碁においてヒトを凌駕(りょうが)する人工知能(AI)が達成されて以降、次なる目標はスポーツに向けられている。米『サイエンス・ロボティクス』誌の8月号では、英国のディープマインド社が、サッカー用ロボットを提案している。ヒトのプロチームを凌(しの)ぐことを目標とするが、選手たちのプライドを挫(くじ)き、人類を絶望させることを目指すわけではない。一種のベンチマークだ。

 サッカーは複数の選手がチームプレーを競う。相手チームの能力や選手の体調はもちろん、その日の試合展開や会場や天候によって臨機応変に戦略を変える必要がある。過去のデータも参考に、現場を把握し、次の展開を見越した上で最適な行動を選択する。これらは私たちが日常的に営む社会活動に通じる。つまり一流のサッカーロボットが開発されれば、ひいては人間の社会を支援できる可能性があるのだ。これがベンチマークと目される…

残り482文字(全文877文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事