【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

投資・運用THE MARKET

《ドル・円》年末に向けドル高・円安に戻る 佐々木融

 10月の米消費者物価指数の伸びが予想を下回ったことを受け、ドルは大きく売られた。ただ、これまでドルとの相関が強かった先物市場が織り込む利上げ期待の後退度合いに比べると、ドルの下落度合いは非常に大きく、過去数カ月間の相関関係は大きく崩れた。ドルの上昇トレンドは1年半も続いており、ポジション調整によるドル売りがドルの下落幅を大きくした可能性は高い。

 今後、ドルの動きはどちらに向かうか。ドルが強くなる時のパターンは、①リスクオフ、②利上げ期待の高まり、③米国経済独り勝ち──だ。逆にドルが下落トレンド入りする条件は、これらと反対の動きということになる。つまり、特に米国だけが突出することなく、世界全体が緩やかな景気回復基調をたどる一方、利上げ打ち止め期待が高まる時だ。

残り137文字(全文471文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事