【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

投資・運用THE MARKET

《今週のポイント》米雇用統計(12月2日) 窪谷浩

労働需給緩和は限定的か

 12月2日に米国で11月の雇用統計が発表される。労働市場は大幅な金融引き締めの影響もあって減速しているものの、労働需給の逼迫(ひっぱく)が持続しており、インフレとの関連で重要視される賃金上昇率の低下は緩慢にとどまる。労働需給の緩和がどの程度進むのか、今後のインフレ動向をみるうえで注目される。

 10月を振り返ると、非農業部門雇用者数は前月比26.1万人増と、市場予想の同19.3万人増を上回ったものの、前月の同31.5万人増は下回った。この結果、過去3カ月の月間平均増加ペースは28.9万人増と22年前半の平均である同44.4万人増を大幅に下回っており、雇用増加ペースの低下は明確である。

残り384文字(全文690文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事