経済・企業THE MARKET

《金》調整安だが中銀が購入 鈴木直美

 金相場は足元で調整安に転じている。2月に入り、米雇用統計や消費者物価指数の結果を受けて、米連邦準備制度理事会の早期利下げ観測が後退したのが主因だ。昨年終盤以降の金価格急騰と反落は、ニューヨーク金先物相場の総取組高(未決済契約残高)の動きと連動しており、先物主導の値動きと推察される。金上場投資信託(ETF)の残高は、過去数カ月ほぼ横ばいで、新規買い意欲は乏しいが売り圧力も緩んでいる。

 ワールド・ゴールド・カウンシルの需給報告によると、2022年の金の年間総需要は11年ぶりの高水準だった。世界の中央銀行の金購入量は21年通年で450トンだったのに対し、22年7月以降は2四半期連続で400トンを超えている。中国人民銀行は今年1月も3カ月連続で金準備を積み増し、ロシアや中東の中銀もドルやユーロ離れを進めたとみられている。ロシアのウクライナ侵攻後、中国やロシアはドル覇権への挑戦姿勢を…

残り90文字(全文483文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

6月6日号

上がる金&揺らぐドル 史上最高値への地殻変動16 米実質金利との逆相関 崩れた背景に中銀の買い ■村田 晋一郎/谷道 健太19 これで分かった! 「金」の基礎知識 Q&A ■池水 雄一 徹底展望 2023年末 金価格の見通し22 2300ドル 非民主的国家が買い増し 西側への不信で分断拡大 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事