経済・企業THE MARKET

《NY市場》業績の下方修正リスクは高まるが、大幅な減益局面には至らず 村山誠

 4月中旬には米主要企業の2023年1~3月期決算発表が始まる。調査会社リフィニティブの3月10日時点の集計では、米主要大型株で構成されるS&P500指数の構成企業の四半期1株当たり利益の前年同期比増減益率は、22年10~12月期の1.2%減に対し、23年1~3月期は7.0%減、4~6月期は5.3%減、7~9月期は2.2%増と予想されている。なお、上記業績予想は23年1~3月期を中心に下方修正される可能性が高い。

 一方、年ベースでは、22年の1株当たり利益は前年比5.1%増に対し、23年は同1.4%増、24年は同12.1%増と予想されている。今後、業績予想が下方修正されれば、23年は前年比で減益予想に転じることは考えられる。

残り211文字(全文531文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

6月13日号

電力が無料になる日 NTT、東電、トヨタが拓く未来14 NTT、東電、トヨタの共闘 捨てる再エネは「宝の山」 ■金山 隆一18 インタビュー 森島龍太・電池サプライチェーン協議会業務執行理事「電池は国家のエネルギー戦略そのもの」19 電池のリユースは自動車業界の命綱 ■藤後 精一20 EV電池の送電 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事