国際・政治ワールドウオッチ

NY、ウーバーの影響大きく地下鉄利用2年連続減少=津山恵子

    遅延が多いニューヨークの地下鉄(Bloomberg)
    遅延が多いニューヨークの地下鉄(Bloomberg)

     ニューヨーク州都市交通局(MTA)は7月23日、2017年のニューヨーク市内の地下鉄・バス利用客が、前年比3000万人減の17億2000万人にとどまったと発表した。慢性的なダイヤの遅延に嫌気した市民が、自家用車やウーバーなどの配車サービスをより利用するようになったのが、原因としている。

     MTAの利用客が減ったのは、16年に続き2年連続。今年1~5月も前年期より2・1%減少している。

     MTAは最近3年、地下鉄各路線の線路補修や信号システム工事を続けている。この結果、遅延が多く、ニューヨーク市郊外から中心部への通勤客は、通勤時間に以前よりも時間を要するようになった。また、予告なく途中で運行停止になることも多く、乗客の不満が募っている。

    残り194文字(全文514文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット