教養・歴史言言語語

新聞から言葉をえぐる言言語語(2018年7月28~8月3日)

    「財務省の再生をはじめとした課題に対応するため、(次官を任せられるのは)どう考えても組織の中核を担ってきた岡本だ」=7月28日付『読売新聞』

     財務省は、岡本薫明(しげあき)主計局長(57)を次官に起用するなどの幹部人事を発表した。岡本氏は「本命」とされてきたが、決裁文書改ざん問題があった時期に官房長を務めていた。麻生太郎財務相が記者会見で。

    「森友問題などで沸騰した状態だったが、今思えば会見をやったほうがよかった」=28日付『毎日新聞』

    残り1536文字(全文1755文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月10日号

    中国発世界不況 新型コロナショック20 連鎖する“新型肺炎ショック” 日経平均「1万4000円」も ■岡田 英/浜田 健太郎24 自動車 中国ディーラーの7割「客ゼロ」 ■鈴木 貴元25 ハイテク PC・スマホの期待感しぼむ ■大山 聡26 インバウンド 中国客40万人減が日本の景気冷やす ■横山  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット