教養・歴史言言語語

新聞から言葉をえぐる言言語語(2018年8月4~17日)

    桃田賢斗(NTT東日本)
    桃田賢斗(NTT東日本)

    「主観により左右される、印象に基づく判断となる可能性が否定できない」=8月4日付『朝日新聞』

     栃木県日光市(旧今市市)で2005年に小学1年の女児を殺害したとして殺人罪などに問われた勝又拓哉被告(36)の控訴審判決で、東京高裁(藤井敏明裁判長)は1審・宇都宮地裁の無期懲役判決を破棄した上で、改めて無期懲役を言い渡した。1審が取り調べの録音・録画を基に有罪と判断したことを「法令違反」と批判して。

    「もはや温暖化対策は企業にとってコストではなく競争力の源泉だ。国際潮流をけん引できるビジョンを示して…

    残り1482文字(全文1730文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット