教養・歴史言言語語

新聞から言葉をえぐる言言語語(2018年8月4~17日)

    桃田賢斗(NTT東日本)
    桃田賢斗(NTT東日本)

    「主観により左右される、印象に基づく判断となる可能性が否定できない」=8月4日付『朝日新聞』

     栃木県日光市(旧今市市)で2005年に小学1年の女児を殺害したとして殺人罪などに問われた勝又拓哉被告(36)の控訴審判決で、東京高裁(藤井敏明裁判長)は1審・宇都宮地裁の無期懲役判決を破棄した上で、改めて無期懲役を言い渡した。1審が取り調べの録音・録画を基に有罪と判断したことを「法令違反」と批判して。

    「もはや温暖化対策は企業にとってコストではなく競争力の源泉だ。国際潮流をけん引できるビジョンを示してほしい」=4日付『毎日新聞』

    残り1468文字(全文1730文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット