教養・歴史言言語語

新聞から言葉をえぐる言言語語(2018年8月18~24日)

    「理解なき改憲を、9条において、スケジュールありきでやるべきではない」=8月18日付『読売新聞』

     9月の自民党総裁選に出馬する石破茂元幹事長が記者会見で、安倍晋三首相が秋の臨時国会で同党の憲法改正案提出を目指すと発言したことに関して。

    「良くないことをしている認識はあったが、浮ついた気持ちだった。日の丸を背負うという自覚がなかった」=21日付『毎日新聞』

     ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表の選手4人が、女性を買春したとして日本オリンピック委員会(JOC)から代表認定の取り消し処分を受け、帰国した。東京都内で記者会見した4選手が。

    残り1489文字(全文1764文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット